トイレリフォームのタイミングはこんな時

トイレリフォームのタイミングはこんな時 便器が劣化した、ウォシュレットがうまく機能しない、配管から水漏れが発生した、このような不具合をきっかけにしてトイレリフォームを検討する人が多いです。このように現在使っているものに何か問題が発生したら、交換や修理をするのは自然なことです。しかし、今の便器に特別問題が起きていない段階でも、リフォームをして新しいものに取り換えることもひとつの選択です。ただし具体的にどのようなタイミングで工事をお願いすればいいかわからないという人もいるでしょう。そこで、ここでは故障したとき以外で、どのようなことを感じたらトイレリフォームのタイミングになるのか、その代表的な事例についていくつか見ていきます。

■掃除が面倒に感じる

トイレはその性質上、どうしても汚れやすい箇所ではあります。日に何度も使用する場所でもありますから、こまめに掃除をしないとすぐに汚れてしまいます。しかし毎日、掃除を丁寧に行うには時間も手間もかかります。またどうしても掃除が不完全で汚れの溜まりやすい箇所もあるでしょう。すると汚れがこびりついてしまって、簡単に取り除けなくなることもあります。このように掃除が大変と感じたのであれば、リフォームのタイミングと言えます。近年のトイレを見ると性能も進化しています。掃除しやすくなっていたり、防汚性に優れていたりしているものもあります。さらにタンクレスのものを設置すれば、従来モデルよりもすっきりして作業もやりやすくなります。

■光熱費を節約したい
光熱費が月々の家計を圧迫しているという人も多いでしょう。もし出費を少しでもセーブしたいと思っているのであれば、リフォームして新しいものを取り付けるといいです。最近のモデルを見ると、節水機能に優れたものが数多く出ています。一昔前までは1回水洗すると14リットルから15リットルほども使っていました。しかし最新機種であれば、4リットルから5リットルで水洗できるモデルも出てきています。1回あたり10リットル近く節水できるとなると、水道料金もだいぶ安くなることが期待できます。またウォシュレットのついている家庭も多いでしょうが、昔の機種の場合は、電力もそれなりに使っている可能性は高いです。これを最新型のものに取り換えれば、消費電力が少なく電気料金も節約できるはずです。

■最新のものに交換したい

最新のトイレのモデルを見てみると、かなり機能も進化しています。先ほど挙げた節水や節電機能だけでなく、例えば自分でやらなくてもトイレのふたがセンサー感知で自動的に開閉するモデルが見られます。また座ると音楽が自動的に流れるようなウォシュレットも出てきています。用を足しているときの音を聞かれたくないために、水を流してしまう人もいます。特に女性などでは気にされる人も多いでしょう。しかし音楽が流れていれば、水を流さなくても音を周りに聞かれる心配はありません。余計な水洗の回数を減らすことができ、ここでも水道代の節約効果が見込めます。

■まとめ
このように特にトイレが故障しなくても、トイレリフォームがいろいろなメリットをもたらしてくれる可能性は高いです。もし現在のトイレに何らかの不満を抱えているようであれば、いっそリフォームを検討してみましょう。トイレは1日に何度も利用する場所で、日常生活の中で欠かせないスポットでもあります。快適な空間にリフォームすることは決してマイナスではないです。リフォーム費用が心配という人もいるでしょうが、上で見た節水や節電効果を考えると長期的に見れば、むしろコスパはいいです。現状をまずは把握して、水道 評判の良い専門業者のアドバイスを受けながら、トイレ交換のタイミングを慎重に検討してみませんか?

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース